cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 我一塊の鉱石なり | main | 静岡茶モナムール >>
セーヌ川の出逢い
 

それはロマンチックな、茶神(ちゃじん)との出逢い。
茶神は朝早く、こうしてパリのセーヌ川に浮かぶ船の上にあらわれました。すべからくファッションウィークのパリで、私が初めてお目にかかった茶神のいでたちは、まず目を引く胸の茶壺と、手の甲には堂々「茶」の金文字。ボディの色は深い深い緑色で、腿のところの新芽とおぼしきお茶の葉をあしらった大胆な構図の衣裳でした。本人的には、これを衣裳と呼ぶべきなのかどうなのかは分かりません。とにかくこの方は自分のことを「ハチジュウ・ハチヤー」と名乗り、日本の「茶の心」をヨーロッパで伝授するべく活動を進めている現代の立派な茶人(ちゃじん)なのです。そこで私も「茶の心」に関していろいろとうかがいたいことがあったけど、残念ながら彼は一言も言葉を発することなく。そのかわり、身振り手振りで何かを私たちに伝えようとしていたようですが、「茶の心」は深過ぎて理解不能なのでありました。
| manakuma | fun | 01:00 |