cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 国番号41の外商 | main | セーヌ川の出逢い >>
我一塊の鉱石なり


私の趣味は、アンティークジュエリー。
もいっかい言います。私の趣味は、アンティークジュエリー、を見て歩き回ることです。しかものぞくのはほとんど夜中のショーウィンドウ関係です。と言うのも、まぁ聞いてくださいな。皆さんも先刻ご承知のように、世の中は嫌なことだらけ。不平等で不純でストレスだらけで汚いことだらけ……。そんなバカヤロな一日の終わりは、悶々とした気持ちを抱えてすんなりうちに帰る気になれず、私はくるりときびすを返してうちとは反対方向の一区へ向かいます。好きなアンティーク屋さんのウィンドウからウィンドウをたどって、ひっそりと静まり返った街をひとり歩くんです。とぼとぼとぼとぼ。そこで私をひそかに待っていてくれるアンティークジュエリーたち。長い年月を経た今もなお変わることなく、夜空の下で誰をも寄せ付けないほどこの上なくひっそりと孤高に輝き、この上なく純粋にしんと深く澄み切っているんです。ガラスの向こうからまるで(注;大滝秀治風に)「お前さん、下らんことで心を汚しちゃいかんよぉ」とこっそり私に語りかけてくれてるように。ウィーンの古き良き時代に作られたデザインも、個性的でシックで本当の贅沢を私に教えてくれています。まるで(再び大滝秀治で)「お前さん、どんなときでもオシャレ心を忘れちゃいかんよぉ」と語りかけてくれるように。そうやってしばらく見てまわってるうちに私は胸を打たれ心が洗われ、さっきまでの気持ちの荒波が次第におさまって来るのを感じ、また同時に、しゃがんだり、顔をガラスにピターっとくっつけたりして、こっそりと後ろや裏に付けられている小さな値段表を読み取る作業を平行しておこなうのでありました。
| manakuma | fashion | 01:00 |