cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ミラノのパン祭り | main | お国自慢のおイモ >>
ペットと夫の威厳


「秋のヴィンテージカー祭り」で見たオーストリアの車。
これはPuch(プック)というメーカーの500という車種です。プックって名前からして可愛いくて、「うちのプックがさぁ…」って、まるでペットか夫のことみたいに友だちに話しちゃいそう(話すかよ)。この車、いまだに街でたまに見掛けますが、この横がカプセルのようにガラス張りになったのは初めて見ました。んー、ガチャガチャかキミは…。と言うか、自転車のうしろにつなげて、子供や犬を乗せてよく走ってるテントっぽいつくりのあれ、なんて名前なんですか?あれにそっくりですよね。アタマの上にビヨ〜ンと旗なんか立てて、いつも従順に引っ張られてるあれ。ボクはどこに行こうとかまわないので、どうぞお好きなところへ連れてってください。って言ってる感じのあれ。つまりこれは、チャリンコのうしろにつながれてひっぱられててもおかしくない、車というものの威厳をそぎ落とした画期的な車。車としての機能を終えてもまだまだ使えます…みたいなね。ついでにそこに夫も乗っ
て引っ張られてたらおもしろいですね〜。まさにそういうイメージのカップル、ココロアタリアリマス…。
| manakuma | vintage car | 01:00 |