cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 初夏の肉食い祭り | main | 不器用ですから… >>
赤い本みつけた?


史上、世界でいちばん読まれた本については諸説あります。
たとえば聖書。これは、たとえ内容は同じでも、出版社(?)や違う言語、違う装丁が数えきれないほどたくさんあり、しかも何世紀も続いて出版されているわけです。それから、イケアのカタログっていう説も聞いたことあります。これも、いくつもの国にわたってそれぞれの言語で、しかもただで配られています。売ってるわけじゃなくて。それらに対して、この赤い本はたった一種類の装丁。たった一つの言語。たった一つの出版社。そしてただ一つの国で読まれた、噂によればたった5年間の間で8億部売れた正真正銘ベストセラー本です。内容は、たった一人の人の語録が、延々と書かれているらしいです。私は、そういう本があるということだけは聞いていたのですが、実際には今まで一度も見たことはなかったんです。ところがある日、5区にある中国もののちょっと怪しげなアンティーク屋さんの前を通ったら、ショーウィンドーに飾ってありました。金文字で堂々の「ザ・毛主席語録」。へぇ〜、これがかの…と感慨を覚えつつもその反面、文化大革命の頃、人々から「紅い宝の書」とまで尊ばれていたわりには、中学校の生徒手帳並みの安っぽい赤いビニールの装丁に驚きました。
| manakuma | art + design | 01:00 |