cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< わさびの採れる谷 | main | 無政府主義者の弁 >>
とぅまっちぺいん


今回はブラスバンドじゃありません。
またもや久々に楽友協会などという豪華なご会場の、これまたご立派なお席に座らせていただき、心より感謝いたす次第であります。でも、実は緊張してカチコチになってるのに、それを誰にも悟られまいと振る舞ったり、拍手のタイミング間違えちゃいけないとこっそり横目で周りの観客の人たちをチェックしたり。なのに向こうは私のことを「楽友」などと馴れ馴れしく呼びやがるし(呼んでないって)。そんなこんなで、けっこう疲れるところですここは。ところで、なぜ今年のウィーンはハイドンばっかりなのかといぶかっていると、なんとハイドンさんは今年で没後200周年記念なのだそうです。それを聞いたら、じゃもしハイドンさんが49歳で亡くなってたとしたら来年は生誕250周年記念じゃないの、と。ハイドンさんは確かにステキだけど、でもそれはちょっとトゥマッチ・ハイドンじゃないのか、と。で急いで調べたら77歳でお亡くなりになってて、意外にもハイドンさんは長生きをされたらしいのでホッとしました。この日の指揮者アーノンクールさんも、80歳にしてお元気です。
| manakuma | music | 01:00 |