cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 古今東西のアポロ | main | 心がピクっとね。 >>
なんまいだーの図
wrappinpaper.jpg

包装紙なんですよこの紙の山は。
たしかに良いものをいただいたのです。重さもずしっと手応えのある、直径30センチほどの缶にぎっしり詰まった、それはそれはとっても美味しいお菓子でした。下さった方がこれらのカラフルな紙を何枚も選んで、その缶をていねいにご自身で包んだ個性的なラッピングなのでした。ありがたや〜ありがたや〜でございます。でも気持ちは分かるんですよ。私だってそんな良いものをどなたかに差し上げるときに、決して裸のまんまの缶なんぞで渡したくはないわけです。なんとか、えーっとワタクシはこのたび思い切ってお財布のヒモを緩めましたよっ、という思いを相手に確実に伝えたい。この胸のうちをどうか分かって欲しい。そう思って当然なのです。それが二重にも三重にもなって、ブルーやグリーンになって、黒や茶色にもなって、ラッピングにそのメッセージが込められるわけです。ここまでやらせておいて、アナタまさかお分かりにならないはずがないですよねっ、と刺客として送り込んだリボンもきらりと刀、じゃなかったラメを光らせています。そんな念が込められた多くの紙ちゃんたち&リボンちゃんたちがいま、彼らの重大な任務を果たし終え、私の目の前でこのように疲労こんぱいの態で横たわっておるのです。この尊敬すべき有能で飼い主に忠実な紙ちゃんたち&リボンちゃんたちを、なんとか再利用出来る道はないものかと必死で考えたのですが、良案は浮かばず。心苦しいけど捨てる以外にないので、その前にこの場でお見せしたかった。それだけなんです。………思わず手を合わせてしまいました。
| manakuma | daily view | 00:00 |