cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 桶屋とフライパン | main | 妖怪スワンの登場 >>
夜散歩オノマトペ
yoru.jpg

夜散歩だって楽しいこの季節です。
夏休みモードの街は、まだなんだかガラーンとしてるし、そのくせ夜風にはどことなぁく秋の気配を感じてすっきり気持ちよく、ほんの少しセンチメンタルな匂いが混ざってる。てくてくと響く自分の足音を聞きながら、夏と秋のあいだでゆらゆらと揺れてる感じです。夏枯れと言うのかな、木の多い道には、カラカラに乾いた葉っぱも少なからず落ちていることに気付いたりして。葉っぱを踏む音もいっしょに、てくてくカサカサ、てくてくカサカサ。ところで、夜の街を歩いていると、昼間には気付かなかった意外なものがたくさん見つかります。例えばとある街角で、ジャラジャラジャラ〜と、どこかで聞き覚えのあるにぎやかな音が急に聞こえて来て、なんだろなんだろっとキョロキョロしてみると、煌煌と明かりのともる窓の、下げられたブラインドの向こう側で、どうやら大勢の中国人たちがいくつものテーブルを囲んで、マージャンをしている様子なのです。老若男女が混ざってわいわいとすっごく楽しそう。ぜひ仲間に入りたい…。そんな気持ちを抑えてまたてくてくてくてく。今度は、中東のものを扱う小さなスーパーマーケット、てか「よろずや」的なお店を通り過ぎると、そのすぐ横の、見た目は倉庫か何かと思われる、あまりゴージャスとは言えないタイプのドアが開け放しにされているのです。そっと中を覗いてみると、そこは体育館のような広いスペースで、床一面にはエキゾチックな小さな絨毯が所狭しと敷かれたモスクになっていたりする。お祈りの時間は終わったのか人影はなく、ガラーンとそのだだっ広い部屋に明かりだけが点いていました。そんなこんな、思わぬところで思わぬものに出くわす率の高い夜散歩なのです。そしてこの晩のいちばんの「思わぬもの」は、通り過ぎた近所の公園の中に、滑り台やブランコと並んで、スポーツジムにあるようなトレーニングマシーンが数種、新しく備えられているのに気付いたことです。たとえば、椅子になっていて、横の枠にかけた両腕をぐわんぐわんと胸の前に寄せるやつ(うまく説明出来ずスミマセン…)とか、スキーのようなストックを持って、おいっちにおいっちに、と前後させると、足下のステップが左右交互に前に繰り出して、ぐるんぐるんってなるやつ(ホントすいません…)などなど。暗闇の公園の中、ちょっとばかりやんちゃそうなやからたちが数人、それらで割と真剣なトレーニングをガシガシぐわんぐわんぐるんぐるんやっているので、私も交ぜてもらってガシガシぐわんぐわんぐるんぐるんやって帰って来たのでした。
| manakuma | daily view | 17:00 |