cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 朝と散歩と処世術 | main | 桶屋とフライパン >>
コロンブスの砂浜
handelskai.jpg

砂浜。
それは、波が打ち寄せる南の海のシンボルのようなものであります。ところが、ここ北の国の街ウィーンの、しかもドナウ川にもあったんですねぇ、れっきとした砂浜が。コロンブスが新大陸を発見したように、私も最近、とうとうこの壮麗な砂浜の発見に至りました。ちなみに、コロンブスは大航海船サンタマリア号で行ったと伝え聞きますが、私はいつものチャリで行きました。普段行きつけのドナウ川とは、まるっきり違う方向に進路を取って向かったドナウ川。大冒険。しかもいつもの「ノイエ(新)ドナウ」と呼ばれる流れじゃなくて本流の方。実は、2ヶ月前の洪水で打ち上げられた泥が乾いて出来たと思われるのです。とにかく1、2週間前、初めてこの砂浜を見つけたときは、思わずチャリを投げ捨てて砂浜に走って行きました私。そして水に一歩足を踏み入れた瞬間、ズブズブズブ…と足が砂に埋もれていく、このなんとも心もとない感覚がとっても懐かしい。おぉっこれはまるで鵠沼海岸じゃ〜ん!と、私に大きな感動を呼び起こしたのでした。目の前には、太平洋の大海原…じゃなくて、向こう岸の20区のミレニウムタワー。そして子供の頃からの条件反射でしょうか、無意識のうちに左手方向に江ノ島を探したのですが、あの島影はあるはずもなく。代わりに橋が架かっていて、ところがその橋が意外にもいつも行くドナウ川のそばに架かっている橋と、反対側だけど同じじゃんっという事実に気付いたのでありました。結局これって、コロンブス、とうとう新大陸発見かと思いきや、気付いたら地元であった…的なオチなのね。まぁそんな日常の小さな発見も、案外楽しいものです。そんなこんなで、ひさびさの砂浜を堪能しているうちに、ふと気付いたことがあります。川には貝がない…。一個たりとも落ちてない…。なので次に行くときは、どこかで貝殻を買って持って行くつもりです。帰りに中華料理にも寄って、中華街気分も味わう予定です。めちゃくちゃ大冒険じゃんこれって。
| manakuma | daily view | 17:00 |