cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 禁断のエピソード | main | コロンブスの砂浜 >>
朝と散歩と処世術
asasanpo.jpg

朝のお散歩って気持ちいいですね〜。
このところのウィーンはめっちゃくちゃ暑くて、ウィーンの大半のアパートと同様、私も冷房などない部屋に住んでるもんで、太陽がとっくにサンサンと輝いている朝7時頃にはもう眠ってなどいられず、目的もなく、なんとなくぶらぶらと外に出てみたのがきっかけです。それからは、ほとんど毎日同じ時間になると、朝散歩に出掛けて行きます。かろうじてTシャツくらいには着替えているけど、そんなんで私の自宅のそばにある500メートルくらい続く並木道を、早朝ボーッとしながら歩いている日本人のオンナをもし見掛けたら、それはまさしく私であります。で、この並木道のちょうど真ん中あたりに教会があり、普段目もくれないその教会の前の広場には、普段目もくれない花壇や噴水、ベンチがいくつかあって、そこでは早起きさんたちがゆったりと過ごしています。彼らの部屋にもエアコンは付いていないってことだけは確かです。そして、これまた普段思いもしていなかったけど、深呼吸ってすごく気持ちいいですね。体中にきれいな酸素が行き渡って、生まれ変わった気分になります。プチ輪廻(笑)。そして夏の朝の風はまだすっきり爽やかで、肌に触れるとシルクのようでサラサラととってもいい気分。並木道ではいろんなイヌたちも、飼い主に連れられてキャットウォークしています。風に吹かれてクリーム色の粉雪のようにアカシアの花びらがきらきらと降りそそぎ、みつばちだけがブンブン忙しそうに働いている夏の朝。そんな音に耳を澄ませてみんなリラックスしてる。みんないい気分。夏っていいなぁ…ってつくづく思う瞬間です。で、その足で近所のパン屋さんへ寄ってクロワッサンなどを買って帰って朝ご飯。このパターンでこの夏は過ごしています。そうそう、ところで数日前のこと。その散歩の途中で若い青年が私とすれ違いざまに、小さな声で「かわいい…」と言ったのですよ。それが私に対して発せられた言葉かどうかは別として、確かに「かわいい」とね。これホントにそう聞こえたのです。ホントのホントです。そしてそして、たったそれだけのことで、たったその一言を朝いちばんで、聞き間違いかどうかはともかく小耳に挟んだってだけで、その日の私は一日、朝散歩効果の上にさらに機嫌良く、充実感たっぷり、ひさびさにオシャレなどに気を使い、髪の毛もちゃんと梳かし、鼻歌まじりで仕事テキパキ、誰にでも優しく、ニコニコと穏やかに過ごせたのでありました。このことから、私は身を以て自ら学んだのです。人間の幸せには、思い込みというものが大きな割合を占めている。と同時に重要な役割も果たしている。ゆえに思い込みは、とても大切なものである。さらには、自ら積極的にどんどん思い込め、の方針でいくべきだ。と。打倒!某SNSめっ(あーまた言っちゃったよ)の勢いで。というようなことを。たとえ事実はどうあれ、です。
| manakuma | daily view | 17:00 |