cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< コロンブスの砂浜 | main | 夜散歩オノマトペ >>
桶屋とフライパン
himawari.jpg

地平線まで続くひまわり畑。
これね、もうすでに涙なくしては語れないです私。こんなひまわり畑の風景のシーンが強烈に印象的な映画「ひまわり」は、私が今まで観た中でいーーーっちばん哀しい映画なのですから。だいぶ前だけど、この映画を初めて観たときは、体中の水分がみんな涙になりました。その後、誰かがそんなに好きなら…とか言っちゃって、よりにもよってその映画「ひまわり」のビデオをくれたのだけど、カバーをちらっと見るだけで泣けて来るので、とうとう観ずに手放しました。あれからあちこちで何度も観る機会はあって、でもそのたびに最後はやっぱり体内水分量急低下現象が起こります。数日前、ウィーンから東へ電車で40分くらい行ったブルゲンランドという地方にある、ハンガリーとオーストリアにまたがる湖に行き、一日かけてチャリでその湖をぐるっと一周しているときにひまわり畑に出くわして、またまたこの映画のことを思い出しました。この季節のブルゲンランド地方では、まるで黄色いカーペットを敷き詰めたように、その山のない平らな土地の地平線までひまわりが咲き尽くしています。私は思わず「ジョヴァンナ(ソフィア・ローレン演じる主人公の名前)…」とつぶやいて、20年経った今でもまた胸に痛みが込み上げて来るのでした。私の泣きのツボ、映画「ひまわり」。ところで、この映画の中のはじめの方で、まだつかの間の幸せだった新婚当初のジョヴァンナとアントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)が、タマゴを何十個も使ってオムレツを作って食べるシーンがあります。そのオムレツというのが、私たちの知ってるいわゆる普通のオムレツじゃなくて、鉄のフライパンいっぱいにタマゴ液を入れてふたをしてじっくり焼いた、ちょっとトルテっぽいオムレツなんです。言わばスパニッシュオムレツ的な、でもタマゴ以外には何も入れてない贅沢なタマゴ焼きなわけです。ふたりは、出来上がったそれをトルテのように放射状に切り分けて食べるのだけど、それがもう、とんでもなくむちゃくちゃ美味しそうで美味しそうでたまらないのですよほんとにもぉっ。というわけで、涙も出るけど、よだれも出るステキな映画です。あと、こんなオムレツが焼ける鉄のフライパンもぜひ欲しくなります。ひまわり畑を観てフライパン購入を検討。この一連の流れは、風が吹けば桶屋が儲かる、と同じシステムですかね。
| manakuma | cinema | 17:00 |