cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< パブロフのなみだ | main | 新編マザーグース >>
オシャレパレード
 

ウィーンの街で「ツイード・ライド」というステキなイベントがありました。
もしかすると、みなさんには気付いていただけてないのかも知れないけど、いちおう、ファッションブログを名乗ってる身なので、これ、どうせ書かなくちゃなんねーんだろっ的ミッションで書いてますから。えーっと、「ツイード・ライド」っていうのはですね、近年ロンドンで行われているご存知の「ツイード・ラン」と同じようなもの、というかパクリ?で、参加者の方々は自前のレトロな自転車に乗って、クラシックな英国スタイルに身を包み、なにが楽しいのか集合場所のA地点から、定められたB地点へとただ集団移動する…ってあれです。この日のウィーンは、お天道様がまかり間違ってめずらしく晴天でありまして、英国紳士淑女然の方々が、和気あいあいと楽しく街をライドされた、とのことです。って自分、行ってないのがバレバレやん。「やぁ、貴殿のスタイルはステキでありますなぁ!」「何をおっしゃる、そういう貴方のいでたちこそステキです!」「あそこのレディのライド姿のステキなこと!」「貴女も負けないくらいステキですよ!」「マドモアゼル、ステキな『ヴェロ(自転車のこと)』にお乗りですね!」「あなたの『ヴェロ』こそ、なんてステキなお色だこと!」って、ステキステキの一辺倒で、かつ、少しばかり思い込みの激しい方々のオンパレードであったことは想像に難くないのであります。まぁほのぼのとした、無邪気なイベントには違いないとは思いますけどね。それにしてもここ最近とみに、人間の『見られたい欲』とでも言いますか、『羨望を集めたい欲』とでも言いますか、それもとってもお安い感じの。とにかくそういったものにちょっと辟易している私です。こっちが食べたくないものを目の前に差し出されて、「食べろ!」「食べろ!」って言われてるようなものが多くて、正直、ごちそうさま…って感じ。そのことと、お洒落であることとは関係ないだろっていう気がしちゃうのですよおいっ某SNS!(あ、言っちゃったよ)つかね、あくまで私がただの偏屈者ってだけであり、自転車には何の罪もありませんから。はいはい、とーってもステキですステキです。
| manakuma | fashion | 17:00 |