cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
今年ミュンヘンで
spiegelsaal2.jpg

「去年マリエンバートで」という映画があります。
1961年に撮られたアラン・レネという監督のモノクロのフランス映画なのですが、これがとっても難解で不思議なストーリーでワケ分からんのですわ。多分私だけじゃなくてどなたが観たとしてもそう思われるはずです。とにかく、それでもこの映画が大好きな私としては、一度ロケ地を旅してみたいとずっとずっと思っていました。長年のあいだそう思いあこがれ続けてていた「去年マリエン…」のロケ地巡礼。ところが先週末、意外にもそれがあっさり実現したのです。それもたったの19ユーロ(2500円くらい)で。と言うのも、マリエンバートは実際にチェコにある地名なのだけど、この映画はそこにはぜんぜん関係なくて、実は舞台になったのはミュンヘンにあるふたつのバロック様式のお城なのです。で見つけたウィーンからミュンヘンまでの長距離バスの乗車料金19ユーロ。つまり私が長年抱いていた夢の実現がたった19ユーロ。これは正直、お財布的にはうれしかった。が、積年の壮大な夢のお値段としては果たしていかがなものか。と、どこか煮え切らないものを抱えつつ一路ミュンヘンへ。到着するなり向かったのは「ニンフェンブルグ城」、翌日は「シュライスハイム城」。どちらもミュンヘン市内にあります。そしてそしてこれらのお城がですねぇ、想像を絶してすごかった…。その驚嘆と感激をうまく説明出来ないので、以下箇条書きにします。
◯そのロココレベルがはんぱじゃなくて、「ロココ〜っ」を千回叫んだ。
◯どちらのお城も緑に埋め尽くされたその広大な敷地に圧倒された。
◯果てしなく続く運河には、ゴンドラが浮かべられいた。
◯1700年代から手つかずのまま保たれている感じが生々しく、そこは数百年の時が止まっていた。
◯当時の貴族たちのオブスキュアな欲望というものを、いたるところで垣間見ることが出来た。
◯ヴェルサイユよりもシェーンブルンよりもノイシュヴァンシュタインよりも、私が観た中でいちばんホンモノのお城であった。
◯お城を背景にして運河に浮かぶ美しい白鳥たちの姿が、正真正銘のザ・ヨーロッパを感じさせた。
◯「城」とは、この世の桃源郷であることを知った気がした。
◯映画公開からでさえ50年を経ても、使用された場所のすべてがそのまんまであった。
◯その上、どちらも観光客がほとんどいなかった。
◯ゆえに、憶えているシーンをちょっこり演じてみたりした。
などなど驚愕のミュンヘン旅なのでした。よく考えてみたら、とつぜんおジャマして驚嘆だの雄叫びだの私が騒いでいるのを横目に、先方さん(城)たちは優雅に当然のごとく素知らぬ顔をしてそこにおわせられた(あった)。しかもそれは数百年ものあいだ変わらずにです。なにものにも媚びることなく、観光客など決して眼中にない。そんな凛とした気高さこそが私があこがれるヨーロッパなのだとしみじみ感じた次第です。…ぜんぜん言い足りてない気がしてとってももどかしいのですが、はっきり言えることは「片道19ユーロ」ってことです。ちなみにこの映画は、シャネル本人が衣装を手がけた唯一のものです。素晴らしい映画です。
 
| manakuma | cinema | 00:00 |
桶屋とフライパン
himawari.jpg

地平線まで続くひまわり畑。
これね、もうすでに涙なくしては語れないです私。こんなひまわり畑の風景のシーンが強烈に印象的な映画「ひまわり」は、私が今まで観た中でいーーーっちばん哀しい映画なのですから。だいぶ前だけど、この映画を初めて観たときは、体中の水分がみんな涙になりました。その後、誰かがそんなに好きなら…とか言っちゃって、よりにもよってその映画「ひまわり」のビデオをくれたのだけど、カバーをちらっと見るだけで泣けて来るので、とうとう観ずに手放しました。あれからあちこちで何度も観る機会はあって、でもそのたびに最後はやっぱり体内水分量急低下現象が起こります。数日前、ウィーンから東へ電車で40分くらい行ったブルゲンランドという地方にある、ハンガリーとオーストリアにまたがる湖に行き、一日かけてチャリでその湖をぐるっと一周しているときにひまわり畑に出くわして、またまたこの映画のことを思い出しました。この季節のブルゲンランド地方では、まるで黄色いカーペットを敷き詰めたように、その山のない平らな土地の地平線までひまわりが咲き尽くしています。私は思わず「ジョヴァンナ(ソフィア・ローレン演じる主人公の名前)…」とつぶやいて、20年経った今でもまた胸に痛みが込み上げて来るのでした。私の泣きのツボ、映画「ひまわり」。ところで、この映画の中のはじめの方で、まだつかの間の幸せだった新婚当初のジョヴァンナとアントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)が、タマゴを何十個も使ってオムレツを作って食べるシーンがあります。そのオムレツというのが、私たちの知ってるいわゆる普通のオムレツじゃなくて、鉄のフライパンいっぱいにタマゴ液を入れてふたをしてじっくり焼いた、ちょっとトルテっぽいオムレツなんです。言わばスパニッシュオムレツ的な、でもタマゴ以外には何も入れてない贅沢なタマゴ焼きなわけです。ふたりは、出来上がったそれをトルテのように放射状に切り分けて食べるのだけど、それがもう、とんでもなくむちゃくちゃ美味しそうで美味しそうでたまらないのですよほんとにもぉっ。というわけで、涙も出るけど、よだれも出るステキな映画です。あと、こんなオムレツが焼ける鉄のフライパンもぜひ欲しくなります。ひまわり畑を観てフライパン購入を検討。この一連の流れは、風が吹けば桶屋が儲かる、と同じシステムですかね。
| manakuma | cinema | 17:00 |
ダークサイド礼賛
wolfman.jpg

狼男はいるのか、いないのか。
満月の夜、月に雲がかかるとやつは登場する、などと言われていますね。そうそう、ちょっと話しは反れますが、私は普段、月のことってすっかり忘れてます。時々思い出して、夜空を見上げて確かめてみると、「あれっキミってまだそこにいたんだ〜そっかそっかぁ」って、ちょっと驚いてしまうのは私だけでしょうか。ところでオオカミオトコの話し。毛むくじゃらなやつ。狼男もそうだけど、そのほか吸血鬼ドラキュラとか、ノスフェラートゥとか、魔女狩りにまつわるあれこれとか、この手の闇夜系のスリリングな言い伝えの多くは、東ヨーロッパの十八番(おはこ)です。数年前に仕事で、私はルーマニアの吸血鬼伝説について調べたことがありました。その中で気付いたのは、西欧で作り上げられたホラーストーリーの主人公、世界でもっともダンディなセレブ「ドラキュラ伯爵」の姿というよりもむしろ、当時、東欧のどの村にもあった「生ける死体」としての、もっとコテコテな土臭い、人々の信仰や禁忌、疫病や死への恐れなどを強烈に感じたのでした。それと同時に、ボヘミア、モラヴィア、スラブの人々の民俗性のようなものに触れることが出来ました。ところで、1930、40年代のファンタジーホラー映画を中心に今、カールスプラッツに作られたオープンエアのスクリーンで毎晩やっています。今年のテーマは「狼男」です。数日前に観た1931年の「モルグ街の殺人事件」が、いかにもザ・ダークサイド・ファンタジーって感じでとても良かったな。そうそう、またしても反れ気味になっちゃうけど、その映画の中で、登場人物がお昼ご飯を作るシーンがあって、お鍋の中の茹で上がったパスタに、ソースのようなものを混ぜながら「マカロニが出来たよ〜」って言うんです。どう見てもスパゲティなのに…。湯気が立ち上がってすごく美味しそうなそのモノクロの一シーン。イタリアの食べものであるパスタをすべてマカロニって呼んじゃうところが、なんとなく30年代のアメリカらしい、フランス人小説家エドガー・アラン・ポー原作の、パリを舞台にした、東ヨーロッパ民間伝承的な物語をモチーフにした、ハリウッド映画なのでした。(ふ〜っ)
| manakuma | cinema | 17:00 |
空中とシャツと私
 

「こんな美しいシャツ、今まで見たことないわ!」
昔の恋人ジェイ・ギャッツビーが、ワードローブに整然と畳んで並べてある自分のシャツを何枚も何枚も乱暴に引っ張り出して、ふざけて次々と空中に放り投げるシーンです。旧作でのデイジー・ブキャナン役のミア・ファーローも、新作の方のキャリー・マリガンも、ふたりともそう言ってむせび泣くんです。あ、畳んで並べてあるって言ってもですね、別にギャッツビー氏自身がそれらを畳んだってわけじゃないと思います高い確率で。それよりも私は、そんなたくさんのシャツを、ギャッツビー氏がまた一から畳み直さなきゃいけないってことが気になり(やつは畳まないって)おいおい、もうその辺で止めといた方がいいんちゃうの?って、ついハラハラドキドキしちゃいます。それはともかく、このストーリーの中のデイジー・ブキャナンという女性は、元々大金持ちの家の娘で、結婚後もこれまた大金持ちの人妻なわけです。そのひとをこう言わせしめてしまうほどの美しいシャツって…。そのシーンを観るたびに、空中を舞う見たこともない美しいシャツ群の妄想は膨らむのだけど、デイジーが見たことないって言ってんだから、おそらく平民の私の想像に足るものではないのでしょう。そんじょそこらのシャツちゃうよって。ところで、ウィーン一区にあるこのヴェッシェフロットというお店は、見せてくれるたくさんの生地の見本の中から好きなものを選び、好きなデザインを採寸した自分のサイズで作ってくれる、シャツ専門のオーダーメイド店です。生地見本の中には、思ってもみないような意外な色や柄がいっぱいあって、それらがまたとっても洗練されているので、ある意味シャツに対する自分の考えを一新させてくれます。同時に、あぁこれだから平民はダメだな…とも感じます。一枚120ユーロからオーダー出来ます。
| manakuma | cinema | 17:00 |
白馬に乗った壮年
 

「タンタンの冒険旅行」かそれとも「ル・アーブル」か。
どっちを観に行こうか迷ったあげく、私は「ル・アーブル」を取りました。青年主人公より壮年主人公。中世の海賊船よりも靴磨き。スノーウィーよりもライカ犬。そしてそしてカシミアのステンカラー・コートよりも、着古したスウェードのジャンパー。ところで、この夏フィンランドを旅した友人が言ってたのですが、アキ・カウリスマキが彼の映画の中で描く世界は、彼独自の世界観と言うよりも、フィンランドそのものだということに気付いた、と。結果、とてもエキゾチックなところであった、と。ひいては、ぜひ一度訪ねていくべきところだ、と。で、いつか近いうちにぜひ実現させたいものだ、と、その言葉を深く胸に刻む私であった。ところで、きちんとアイロンのかかっている服フェチな私は、この「ル・アーヴル」の主人公マルセルのように、しょぼくれた茶色のスウェードの革ジャンの中に、びっくりするほどちゃんとアイロンのかかったシャツと、パンツのセンタープレスもくっきり、長年履き込んだただ一足の靴もきちんと磨いてあったりしたら、その人はすでに理想の中の理想の男性です。そのタイプの男性が登場する確率の高いアキ・カウリスマキ監督の映画が私は好きです。
| manakuma | cinema | 01:00 |
戦場のカメラマン


こんにちはファッションブロガーです。
2、3日前、小津安二郎監督の「お茶漬けの味」(1952年)を観ました。フィルムムゼウムという会員制の映画館で、数年ぶりに何度めかのレトロスペクティヴを開催中なんです。主人公の夫役で出ていた佐分利信が、無骨で無口で不器用なんだけど人間味にあふれていてとてもステキでした。すっかり女ゴコロをくすぐられました。今まで佐分利信なんて、私の人生とはまったくリンクしていなかったのに不思議だな〜と、偶然その日同じ映画を観ていた日本人の知り合いに話すと、「佐分利信が突然あなたの人生に現れたと言うよりも、あなたの人生が佐分利信の方に近付いたってことだと思いますよ」と言われました。……ケイジョジョーな会話イン・ウィーン。そうそう、それより肝心のファッション。映画の中で気になったシーンがあるんです。ある若者が「自分の服はこれもこれもみんな◯◯◯だぜっ」と言うんです。この◯◯◯のところは、現代で言えばきっと「ヴィンテージ」なんでしょうけど、ここでは「放出品」でした。つまりそのころ駐留していたアメリカ軍の人の着古しってことですね。すると会話の相手が嫌な顔をして「おいおいナンキン虫はいないだろうね?だいじょぶかい?」って言うんです。思わず私も気を付けた方がいいかもな…と思った次第です。ついでに余談ですけど小津映画にはなくてはならない笠智衆。この作品にもちゃんと出てるんですが、この笠智衆がなんとあの戦場カメラマンに瓜二つだったのですっごい驚きました〜。額にピッタリ張り付いたようなあの帽子もやっぱり被ってて、Tシャツに麻のジャケットも同じスタイル。ホントなんですってば。でそのあとはもちろん走ってうちに帰ってちゃんとお茶漬けを食べました私。今日のファッションブログ、おわり。
| manakuma | cinema | 01:00 |
モックンの送迎車


シブがき隊の中では、強いて言えば私はモックンファンでした。
「おくりびと」を観ました。おもしろい映画でした。そしてもしもモックンにこのようにしておくっていただけたら、確かに私はとっても光栄です。劇中にありましたが、死が生の延長線上にあるかのように、死をひとつの「門」とする考え方。対して私はつい「崖」のようなものだとイメージしてしまいますけど…。どうやらまだまだ修行が足りません。そう言えば、是枝監督の「ワンダフルライフ」なんてのもありましたね。死後一週間の間、どこか仮の場所にいて、それぞれ自分の一番幸せだった時の映画を作るというストーリー。ステキな考え方です。でそんな中のどれが正しいかなんて、生きている私たちには誰も出せない答えなんですけどね。ところで、近所でよく見掛けるこの車は、どうやら以前おくりぐるまとして使われていたものらしいんです。それはご覧のように一目瞭然で、ウィーン市かどこかに所有されてたものが、払い下げでどなたかに譲られたようです。ガラス窓に彫られた十字架と羽を見ると、私はいまだにドキリ!としちゃいます。メインのスペースには、ペット用の大きなクッションが二つ置いてあるので、現在の持ち主はおそらく大きな犬を数匹飼っているらしい。当の本人(本犬)たちは、無邪気に何も気付かずに、送りも迎えもこれ一台です。
| manakuma | cinema | 01:00 |
デーモンと人間と


数ヶ月前のことです。
自分はFACE BOOKが大好きだ、と言うフィンランド人のIT業界関係者を含む何人かで、FACE BOOKについて話しをしていた時のことです。ほかのソーシャルネットワークとの違いは?具体的にどんなところが好きなのか?と矢継ぎ早の私の質問に対し、彼女がニッコリ微笑んで言いました。「自分でもよく分からないんだけど、単にFACE BOOKそのものが持つ『nature』が好きなのね」と。ともすると矛盾のように聞こえるこのnatureという言葉が、なぜかそれ以来、とても気になっていました。そうしてるうちに、以前から私が考えあぐねていた日本語で言うところの「性(さが)」という言葉こそが、それに当たることを自然に理解しはじめていました。……という前置きを踏まえて。そんな最近、私はラース・フォン・
トリアー監督の「アンチ・クライスト」を観ました。前述の一考を証明するかのように、「nature」とは、まさに「性(さが)」であり、果ては「人間」であるということ。究極は、「人間だもの…」に尽きるということ。またタイトルの「アンチ・クライスト」は=デーモンであるというのがカソリックの解釈であり、ホラー的な文脈でこのストーリーを捉えることも出来るのだけど、でもこの結末に対して、これまたやはり矛盾して聞こえるかも知れないけど、見終わったあとに、不思議なほど何かに救われたような清々しい気分の自分に
気付き、クライストでもデーモンでもなく、もしも人間(nature)という考え方が人間(nature)を救うという意味だとしたら、このタイトルは、まるっきり真っ当にめちゃめちゃ正しいと日本人的(または相田的)解釈をもって、しばらくの間ひとりうなずいていたのでした。ちょっと意味フメーっぽいですかね。とにかく、ラース・フォン・トリアー監督、誰がなんと言っても私は信奉者です。
| manakuma | cinema | 01:00 |
ホーンテッドの館


巣鴨には、おばあちゃんたちの原宿があります。
そしてウィーンには、おばあちゃんたちの映画館があります。それは「ベラリア」という名の、おばあちゃんたちが若かりし頃夢中になって観たモノクロの映画たちが、いまだに毎日毎日上映されている映画館です。自ら足を踏み入れるには少し躊躇しちゃう、正直ちょっとホーンテッド系な雰囲気漂わせています。通りかかったこの日の上映は、ハンツ・モーザー主演のドイツ映画で「金の要らないオトコ」(manakuma訳)。聞いたことも観たこともないこの映画は、1932年のものだそうで、以来70年以上の間、ひと月かふた月に一度くらいは、ここで上映され続けているわけです。スチール写真とその横に貼られた手書きのタイトルも、毎回貼ったり外したりのせいでしょうか、すごぉく年季入ってました。たとえばこの映画を一年に一度観たとしたって合計で70回。おんなじ映画を70回観た、尊敬に値する往年の方々は、そうして今日も銀幕の中の永遠の美男子ハンツ(71回めの)を眺め、ため息ついてます。
| manakuma | cinema | 01:00 |
ねぇキスしてよ!


「リュ・ドゥ・ヴィエンヌ」。気付けばこんな通りを歩いてました。
ところで最近観たビリー・ワイルダーの古いコメディ映画で、「ねぇキスしてよ!」('64)というのがあります。ピアノ教師をしてるアマチュア作曲家と、ガソリンスタンドで働いてるこれまたアマチュア作詞家のでこぼこコンビ。本人役でディーン・マーチンも出てます。それはともかく。このコンビが作った曲の一つ。「ボクはポーチドエッグ、でもトーストの一枚も無し…」とか、「ボクはネズミ捕り、でもチーズのかけらも無し…」ってたぐいのフレーズが、前後の脈略無しに永遠と続く変な歌詞の歌が出て来ます。で、その歌詞の中に、「ボクはウィーン、でもウィーン人じゃない…」という部分が出て来て笑っちゃいました。そもそも、ボクがなんでポーチドエッグやネズミ捕りや、はたまたウィーンになっちゃうのか、そこんとこからして全然意味が分からない。映画の中で何度も繰り返して歌われていたので、望んでもないのに耳についちゃって、ついつい口ずさんじゃいます。ボクはウィーン、でもウィーン人じゃない…。ここはウィーン通り、でもウィーンじゃない。私はウィーン人、でもウィーン人じゃない…。どうでもいいんですけど、もうそろそろ帰りますよ、ウィーンに。
| manakuma | cinema | 01:00 |
 1/5 PAGES >>