cool vienna!

ひょっとしてひょっとするとcool、かも知れないvienna。

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
パラピュイの発明
umbrella.jpg

よく考えたら傘ってすごく不思議ですよね。
棒の先に小さなテントみたいなものを張っちゃって、空から降って来るものをよけようって魂胆なんですから。それも、ほかの人はおかまいなしで、かろうじて自分の立っている場所だけの、かなり局地的なよけ方。考えようによっては、姑息とも言える。同時に、自分が歩くのに合わせて、あっちこっち持って歩くインスタント屋根を作っちゃうって、かなり大胆な発想でもあります。発明した人は、きっとカタツムリか、カメを見ていて思いついたのかな。などと、傘についてあれこれ思う今日この頃。と言うのも、ウィーンはここ2、3ヶ月、雨続きのひどいお天気で、普段傘を持たない主義の私は、その間、冴えない折り畳み傘を引っ張り出して使っていたのです。おまけに風もビューンっビューンって感じだったので、ご存知のとおり折り畳み傘は、ちょこっと強い風が吹くと簡単にベコっと反対側を向いちゃって、それは別に自分のせいじゃないのに、その瞬間、まわりを歩いている人々や、車の中の人々から笑われているような気がして、なぜかものすごく恥ずかしい。また、それを焦ってコソコソ直している自分の姿がめちゃくちゃカッコ悪い。あわてて直したあとに、誰か見ていなかったでしょうね、とキョロキョロしなきゃいけない自分も情けない。そんなわけで、チャリティショップで見つけた中古なんですけど、久しぶりにまともな傘を買いました。80年代のものでしょうか、大胆なプリントに、柄(手先)のところが黒く塗られた木製で、手に馴染んでお気に入りです。傘、持ち慣れていないので、失くさないといいんだけどな…。最近どこかで読んだのですが、傘の不具合の90%以上は、修理してまた使うことが出来るようになるのだそうです。逆に使い捨ての傘は、部品が接着剤で固定されているため分解出来ず、膨大な数の傘がただの不燃ゴミとして埋め立てられている、と。そっかそっか、すっかり地球に優しい行いをしたのだな自分、と思ったまではいいけれど、肝心の傘の修理ってどこへ持って行けばいいのでしょうか。ミスターミニットとか?…そこんとこがちょっと不明なままです。
| manakuma | fashion | 17:00 |
オシャレパレード
 

ウィーンの街で「ツイード・ライド」というステキなイベントがありました。
もしかすると、みなさんには気付いていただけてないのかも知れないけど、いちおう、ファッションブログを名乗ってる身なので、これ、どうせ書かなくちゃなんねーんだろっ的ミッションで書いてますから。えーっと、「ツイード・ライド」っていうのはですね、近年ロンドンで行われているご存知の「ツイード・ラン」と同じようなもの、というかパクリ?で、参加者の方々は自前のレトロな自転車に乗って、クラシックな英国スタイルに身を包み、なにが楽しいのか集合場所のA地点から、定められたB地点へとただ集団移動する…ってあれです。この日のウィーンは、お天道様がまかり間違ってめずらしく晴天でありまして、英国紳士淑女然の方々が、和気あいあいと楽しく街をライドされた、とのことです。って自分、行ってないのがバレバレやん。「やぁ、貴殿のスタイルはステキでありますなぁ!」「何をおっしゃる、そういう貴方のいでたちこそステキです!」「あそこのレディのライド姿のステキなこと!」「貴女も負けないくらいステキですよ!」「マドモアゼル、ステキな『ヴェロ(自転車のこと)』にお乗りですね!」「あなたの『ヴェロ』こそ、なんてステキなお色だこと!」って、ステキステキの一辺倒で、かつ、少しばかり思い込みの激しい方々のオンパレードであったことは想像に難くないのであります。まぁほのぼのとした、無邪気なイベントには違いないとは思いますけどね。それにしてもここ最近とみに、人間の『見られたい欲』とでも言いますか、『羨望を集めたい欲』とでも言いますか、それもとってもお安い感じの。とにかくそういったものにちょっと辟易している私です。こっちが食べたくないものを目の前に差し出されて、「食べろ!」「食べろ!」って言われてるようなものが多くて、正直、ごちそうさま…って感じ。そのことと、お洒落であることとは関係ないだろっていう気がしちゃうのですよおいっ某SNS!(あ、言っちゃったよ)つかね、あくまで私がただの偏屈者ってだけであり、自転車には何の罪もありませんから。はいはい、とーってもステキですステキです。
| manakuma | fashion | 17:00 |
黄色い魔法音楽団


秋って、なにげに黄色ですよね。
世界が全体的に黄色系で塗りつくされている。気付けば、右見ても黄色、左見ても黄色、足下を見ても黄色と、どこもかしこも異様に黄色ばかりです。ところで黄色という色は、業界に於いては幸せの代名詞の色として取り上げられることが多いですね。あ、業界というのは色業界のことでして、でも、「色事」を扱う業界じゃなくて、あくまでも「色」を扱う業界のことですよ。たとえばファッション業界とか、デザイン業界とか、アート業界とか。それはともかく、よりにもよってその色がいちばん採用されている秋という季節が、それとは真逆の、ちょっと孤独で、どこかに陰鬱な気分を孕み、センチメンタルで、悲哀に満ちたムードを醸し出しているのはなぜなんでしょうか。色業界の選考役員の方々、この問題点について何か率直なご意見を聞かせていただけないものでしょうか。実は自分たちの選択が間違っていたんじゃないかと反省し新たに「新・秋の色選考会」をする気持ちはないのでしょうか。そんなことでこの黄色問題に関して斬新なアイデアがあります私。悲しいのに敢えて黄色い服を着る……どうですかこれ?たとえば、黄色い喪服に黄色いつば広帽、黄色い革靴を履いてたたずみ、黄色の革手袋で持った黄色いクラッチバッグから、こっそりと黄色いシルクのハンカチを取り出して、すっと人目につかないように涙を拭う悲しげな黄色い女。なんだか新しい喪服感、イメージ湧いてきませんか?案外いいかも。でも、視点を変えればこの黄色づくしって、風水的にとっても良さそうですね。特に金銭面に於いては、かなりの効果が予想されるんじゃないでしょうか。
| manakuma | fashion | 01:00 |
アボガドスタイル
 

ファッションってむずかしいですよね。
だってファッションって何なのか、それ自体がよく分からない。定義がないから。何かそれらしきものはあるけれど、その定義らしきものを物知り顔でどうだっとかざしてみたところで、とたんにファッションはその手をするりと抜けて床に転がり落ちて、コロコロコロ…っとどこまでも転がって行っちゃう。待て〜っと追いかけても追いかけても…って感じ。あっこれアボガドの種のところで書きましたね。とにかく悩んだあげく、私は最近とても良いことに気付きました。「ファッション」という言葉を「スタイル」に変えてみるんです。あのスタイルはステキだな。あのスタイルはかっこいいな。あの人に似合ったスタイルだな。あこがれるスタイルだな。ちょっと変わったスタイルだな。どうです。「スタイル」という言葉には、年齢や男女、時代や観念もすべて包み込んで、大きく温かく、服を着る人の個性を表す確かなニュアンスを含んでこちらに伝わってくることに気付くでしょう。そして何よりも自分のスタイルを持つこと。その大切さに気付きませんか。自分のスタイルを待て〜っとどこまでも追いかけ続けていくこと。強いて言えば、なんだかそれが私にはそのまんま生きることそのもののような気がするんです。だってそれ以外には、なぁんにもして来なかった私なのですから。今までもずっとそうだったし、もちろんこれからもずっとずっと。…なぁんて、ちょぴっと感傷的なある秋の日なのでした。
| manakuma | fashion | 01:00 |
ご飯と愛と平和と


みなさん、こんにちは。気まぐれものの部屋へようこそ〜。

必要以上に大きいあのアボガドの種には、日頃からムカついている私です。しかも完璧なまでのあのまん丸具合。なんなんですかね、あいつ。さぁアボガド食べよっとスっとナイフを入れたとたんにガツンっとぶつかるあいつ。思わず「おいっキミ、邪魔すんなーっ」と叫んだと瞬間、あいつは実からパカっとはがれて、あっと言う間にぬるっと手から滑り落ちて、床の上をコロコロコロ…。待て〜っと遠くまで追っかけて行かなきゃいけない始末です。平和な一日を送るための種なしアボガド、登場を期待する今日この頃です。ところでパリのファッションウィーク。2012年春夏もの。…は、もうとっくに終わっちゃいましたね。私がパリの街角にてサムギョプサルに舌鼓を打っている間に。焼き肉から滴り落ちた脂をダラダラ〜っとかけて、その上からちろっとお醤油をたらした白いご飯に悶絶している間に。そして市場の中の食堂でビール片手に陽気に騒いでいる間に。そしてそしてステキな男性に誘われてビストロでちょいロマンチックな夜を過ごしている間に。そんなこんなで、申し訳ありませんがパリレポートは省略です。その代わりと言ってはなんですが、ウィーンのチャリティーショップで行われたこの不思議なファッションショーをご紹介しますね。ただしこのショーに於いては、このシーズンのコンセプトとかテーマとか、はたまた中世のナントカからインスパイアされたエクスプロパガンドなナントカとか、ナントカなカントカとかとか…。そういうの一切ナシ。ただただ底抜けに楽しい。フィーチャーされたストリートモデルの人たちも、観客の人たちも、そこに居合わせた人たちがみんな着ることを楽しんでる、それはそれはラブ&ピースなショーでした。

| manakuma | fashion | 01:00 |
コスプレのゆくえ
 

一応これでも仕事中です。
先日、王宮の中にある「民族学博物館」で行われたファッションショーで、靴のブランドのスタイリングを担当しました。そして、たまたまこの時期にここで開かれていた展覧会が中国の文化大革命にまつわるものだったんです。そんなこんなでショーの開始を待つ間、マオスーツに身を包んだマネキンと、私が用意したコーディネートの最後の一点、幕末浪人風の衣裳を着てくれたウィーンで活躍中のパフォーマーのミチくんと一緒にパチリしてみました。そしたらファッションショーなのかコスプレ祭りなのか分からなくなりました。それにしても文化大革命モード。(モードじゃないか)この全体的にカーキ系で統一した抑えめの色調。ゴワゴワっといい味を出してる分厚い木綿の素材。帽子に付いてる赤い星。大胆な袖口の広がり具合。キリリとしめたシンプルな革のベルト。これ以上にないくらいあっさりした超キュートなストラップ靴。マオスーツって、マオスーツって、すっごくかわいい…。なんだか久々に、ファッションというものにドキドキさせられた私です。(ファッションじゃないってば)つか、一緒のショーに出ていたステキな(はずの)お洋服ブランドたちには、ぜんぜんドキドキ出来なかったんです。なので次の機会には、私はぜひこのコンセプトでいきたいと思います。もし次の機会があればのはなしですけどね。そして懲りもせずにまた、ウィーンのファッション業界の方々にお叱り、失笑、野次罵倒、なんでも受けるつもりです。
| manakuma | fashion | 01:00 |
注文の多い放出品



世の中には変わったお店があるものです。

その代表とも言うべき、かの宮沢賢治の「注文の多い料理店」。料理を食べに入ったお店なのに、いつの間にか自分が料理されちゃうはめになるシュールな物語。私はタイトルの「レストラン」でもなく「食堂」でもなく「料理店」っていうところが好きです。何の料理であれすごく美味しそうだから。それはともかく私の身の周りの変わったお店ってのはですね、実は「お金の要らない古着店」です。つまり素晴らしいお店ってことです。パラダイスで

す。ヤッホーです。値段のことを考えずに、試着もしないでどんどん選んでいけるんです。しばらくすると両手にはいっぱいの古着。るんるんる〜ん。そしてそろそろいっかという気になります。今日はこの辺でカンベンしてやっかと。ところが問題は、そう簡単においとま出来ない。人間の習性と言うか慣習と言うか、お勘定ナシのおいとまはどうしても後ろ暗い気がして、お店を出るタイミングが掴めないんです。別にやましいことは何もしていないのに、それどころか向こうはさぁ持ってってくださいって言ってくれてるのに。さらに自分のバッグにそれらを入れる時になると、なにげに陰の方へ行ってコソコソ、サササッとなり心臓もドキドキしちゃいます。そうして毎回エイヤーっ!て走ってお店を出て行くのです。ところでこのステキなお店、大学生のオナゴたちが「経営」するリサイクルのお店なのです。この場合の「経営」は利益ナシの売った買ったナシの、つまり愛想笑い一切ナシのあっさりしたオナゴたちです。先日「もらってばっかも悪いから、たまには自分の古着を持って行こう」と思い立って、自慢じゃないけどちょっといい古着も含め、イケアの青いバッグをパンパンにして2袋、アイテム数にして優に数十枚の古着を張り切って持って行ったんです。彼女たちの喜ぶ顔を思い描きながら、えっちらおっちら。…ドサっ。(バッグを床に置いた音)「これ持って来たんだけど」とさりげなくかつもったいつけた感じでそこにいた鼻ピアス&ドレッドヘアのひとりに告げた私。すると彼女はこれ以上ない位あっさりと言い放ちました。「あぁハンガーはその下の段ボール、でパンツのハンガーは向こうの段ボール、それぞれの服を掛ける場所は知ってるわよね」と……。そうして遥か遠い昔のアシスタント的技能をフルに発揮しつつ、その日は一時間以上もそのお店に滞在するはめになったのでありました。

| manakuma | fashion | 01:00 |
沈黙がくれるもの
 

あらゆるところであらゆるひとがあらゆることを話している。
そんな状況の今日この頃です。私はそれらを聞き逃すまいと、しばらくの間、必死で耳を傾けていたんです。ある人たちは「こうだっ」と言うので「あぁこうなのか…」とうなずき、また別の人々は「ああだっ」と言うので「あぁそうなのね…」と納得したり。でふと気付くと、それらは一つのものごとに関して、それぞれ真逆のことを言っていたり、あるいはそれらの内容が私の目にさえ見て取れる現象と明らかに乖離していたりして、それで私の頭の中はとっても混乱しています。そしてテレビ(またはラジオ、新聞、インターネットetc)に向かって思うんです。私が知りたいことは、高尚なあなた方のご意見じゃなくて、ただ単純なたったひとつの真実なんだっ!と。ところでこれはパリ7区にあるケ・ブランリー美術館で開催中の「オリエントの女性たち展」に展示されている作品のひとつ。アイテム名はなんと言うのか知りませんが、ほら昔の「千夜一夜」的なアラブの女性が目の部分だけを見せて、顔全体を隠して胸の方までエプロン状態でたらす超エキゾチックな布。あれです。上の方のふたつに区切られたところが目の部分ですね。ラクロワ巨匠監修によるこの展覧会は、素晴らしい手刺繍の施されたドレスとかその他いろいろあったのですが、特にキラキラ光るメタルの小判状のものがたくさん付いたこのアイテムがカラフルでステキでした。まるでサイレンス・イズ・ゴールデンを体現しています。(か?)
| manakuma | fashion | 01:00 |
我一塊の鉱石なり


私の趣味は、アンティークジュエリー。
もいっかい言います。私の趣味は、アンティークジュエリー、を見て歩き回ることです。しかものぞくのはほとんど夜中のショーウィンドウ関係です。と言うのも、まぁ聞いてくださいな。皆さんも先刻ご承知のように、世の中は嫌なことだらけ。不平等で不純でストレスだらけで汚いことだらけ……。そんなバカヤロな一日の終わりは、悶々とした気持ちを抱えてすんなりうちに帰る気になれず、私はくるりときびすを返してうちとは反対方向の一区へ向かいます。好きなアンティーク屋さんのウィンドウからウィンドウをたどって、ひっそりと静まり返った街をひとり歩くんです。とぼとぼとぼとぼ。そこで私をひそかに待っていてくれるアンティークジュエリーたち。長い年月を経た今もなお変わることなく、夜空の下で誰をも寄せ付けないほどこの上なくひっそりと孤高に輝き、この上なく純粋にしんと深く澄み切っているんです。ガラスの向こうからまるで(注;大滝秀治風に)「お前さん、下らんことで心を汚しちゃいかんよぉ」とこっそり私に語りかけてくれてるように。ウィーンの古き良き時代に作られたデザインも、個性的でシックで本当の贅沢を私に教えてくれています。まるで(再び大滝秀治で)「お前さん、どんなときでもオシャレ心を忘れちゃいかんよぉ」と語りかけてくれるように。そうやってしばらく見てまわってるうちに私は胸を打たれ心が洗われ、さっきまでの気持ちの荒波が次第におさまって来るのを感じ、また同時に、しゃがんだり、顔をガラスにピターっとくっつけたりして、こっそりと後ろや裏に付けられている小さな値段表を読み取る作業を平行しておこなうのでありました。
| manakuma | fashion | 01:00 |
国番号41の外商


お久しぶりですファッションのブロガーのファッションブロガーです。
突然ですが、日本に住んでる私の同い年の古い友人たちはみないい年です。近年彼らの中では、社会の中で確固たる地位を築きつつある方々も多くいらっしゃいます。(急にていねい語)先日東京滞在中、会話の中でそのひとりが言いました。「このあいだ◯◯デパートの外商の人から電話があってね、△△が入ったからご自宅にお持ちしてみますって」と。外商というのは、ご存知でしょうけれど、担当する顧客(上ランクの)の要望や趣味趣向、家族構成などをきちんと心得ていて、そういったふうに個別の接客をする百貨店の上顧客担当係の人のことです。イチゲンさんノー!差別化イエス!の人。イチゲンさんたちは、勝手にヒラバ(デパートの隔離してないラックだけのフロアのこと)でうろうろしてろぃっ!の人です。(言ってないって)とにかく言うまでもなく私はいつもそのヒラバうろうろの「ヒラうろ」派です。ところが先日、ウィーンの仕事場の電話が突然鳴りました。受話器を取る前に確認すると見知らぬ番号からで、しかも国際電話の国番号「41」と出ている。恐る恐る電話に出てみると「ガサガサガサ…(通信状態があまり良くない)あんのよぉmanakumaっでひどいますがぁ?」と訛りのある英語で聞くので私だと言うと、「おらぁいづも土曜日のフリマでずぅだん(絨毯)売っでるシュテファンっで言うんだどもぉ今週の土曜日も行ぐんだでぇまたよろずくおねがいすまず」と。…しばしの間、記憶をたぐってやっと思い出しました。それはルーマニアの村から毎週土曜日のフリマに絨毯を売りに来ているジプシーの家族で、電話の主はまさにその家族のお父さんではないですか。以前電話番号を聞かれたので、仕事の名刺を渡したことがあったのをすっかり忘れてました。いやぁでもなにげにうれしいもんですね、いわゆるVIP扱いってんですか、こういう個別の対応。差別化されてんだぞ〜的な優越感。状況はともあれ…です。私は一年ほど前に彼らの持って来る絨毯を見つけてとても気に入って何枚か即買いし、そのあと知人たちにも紹介すると、その人たちも次々購入。そんないきさつから今も外商シュテファンと上顧客manakumaの構図がウィーンの土曜日のフリマの「ヒラバ」で展開してるわけです。ま、どう考えてもフリマには「ヒラバ」しかないんですけどね。写真は最近、やり手の外商シュテファンからお礼のプレゼントとしてもらった同じ絨毯から作られたショルダーバッグ。可愛さに加えて、意外にも使いやすくて超お気に入りです。
| manakuma | fashion | 01:00 |
 1/9 PAGES >>